当サイトではコーヒーの歴史に触れつつ、一般家庭でも気軽にコーヒーを飲めるコーヒーメーカーを紹介したいと思います。コーヒーは海外発祥の飲み物ですが、日本でもごく一般的な庶民の飲み物として長く親しまれています。そして近年はカルディコーヒーのようにコーヒー豆を豊富にそろえているお店が増えており、家庭で豆を挽いて楽しむこともふえています。そこでコーヒーの歴史を知りつつ、美味しく挽けるマシンがあれば最高の一杯が飲めることでしょう。

コーヒーの歴史が概略

コーヒーは16世紀頃に一般の人々に飲み始められたと言われていますが、コーヒーノキの起源は紀元前と言われています。諸説ありますが、アフリカ大陸の頭部に原始的なコーヒーノキが誕生したと考えられています。そこから大規模な地殻変動が起こり、地域ごとに独自の進化を遂げたと言われています。アフリカ大陸に43種類、マダガスカル島に68種、オセアニアに14種のコーヒーノキが自生していますが、結果的に現在飲まれているコーヒー種類は3種類「アラビカ種」「ロブスタ種」「リベリカ種」のみです。そしてこれらのコーヒーの種を各国で栽培して、精製することでコーヒー豆が誕生するわけです。

おすすめのコーヒーメーカー

コーヒーの歴史を知ればコーヒーを一層美味しく飲むことが可能です。ただ、豆を上手に挽くことができなければ意味がありません。そこで私はコーヒーメーカーランキングで紹介されている商品から試すのが良いと考えています。コーヒーミル(グラインダー)だけでなく、全自動コーヒーメーカーやエスプレッソマシンなど各種様々紹介されています。豆を購入して挽くのが面倒な人はカプセル式のマシンや、粉から作る簡易的なコーヒーメーカーでも良いでしょう。

私がおすすめするのは「ナイスカットG」というコーヒーグラインダーです。これは豆を粉砕するサイズを自分で調整できる器具です。淹れるのは手作業になりますが、豆を自分で挽くだけでも新鮮なコーヒーを最高の状態で飲むことが可能です。初心者には不向きですが、豆に拘り始める中級者以上はぜひ試してみてください。