私たち日本人が最も飲んでいる飲み物の一つがコーヒーです。お茶とほぼ同じ量が飲まれています。目覚めの一杯から、職場でのコーヒーブレイク、夕食後の安らぎにも飲まれます。さてコーヒーはそもそも海外から入ってきた飲み物ですが、日本に伝来したのはいったいいつ頃なのでしょうか。

正確な記録は残っていませんが、日本がまだ鎖国をしていた江戸時代に唯一貿易が認められていた出島において、オランダ商人たちが持ち込んだのが始まりとされています。オランダ商館に出入りしていた日本人(通訳、遊女、役人など)が、日本人として初めて飲んだことになります。その後の記録としては、遊女が出島から持ち出した物品の中に「コーヒー豆」があったともあります。

19世紀初頭に記された書物の中にはコーヒーの感想がありました。その日記ではコーヒーを飲んだら「焦げ臭くて飲むに堪えない」とあります(笑)確かに私たちも初めて飲んだコーヒー(しかも砂糖やミルクなし)は相当苦い思い出がありますよね。しかも今ほど調味料がなく食の飽和性がない江戸時代では、あの濃い味は相当きつかったと思います。

喫茶店レベルの話になると、開国した1854年以降になります。明治初期、1888年の上のでコーヒーを出す喫茶店ができたそうです。当時のコーヒーはまだ高級品なので、集うのは上流階級で、店内にはビリヤードやトランプなどの遊具も用意されていたそうです。もっとも時代を先取りし過ぎたのか数年でお店はつぶれてしまったそうです。

安定してコーヒーが飲まれるようになったのは20世紀初頭です。レストランでも出されるようになり、コーヒーを飲む習慣が徐々に広まっていきました。そこからコーヒーを淹れる器具も販売され始め、わずかではありますが、家庭でもコーヒーを飲む人が増えていったそうです。