コーヒー好きなら一度は耳にしたことがある「猫の糞から取れた豆を使う」というコーヒーの存在。いわゆる「コピ・ルアク」です。まさか動物の糞から出した豆が最高級コーヒーだとはだれも想像つかないでしょう。しかしそれが事実なんです。

コピ・ルアクはインドネシアで作られているコーヒーです。コピとは「コーヒー」を意味し、ルアクは「ジャコウネコ」を意味します。直接的には猫の肉を想像しますが、実際にコーヒーの実を食べたジャコウネコの糞の中から、未消化のコーヒー豆を取り出しているのです。

この話を聞いた人は大抵「汚い」と言います。ただコーヒー豆の中身は一切汚れないので、外側を外せば中は綺麗なんですよ。それで中身をしっかりと焙煎すれば万が一菌が入っていても全部浄化されます。

ではなぜネコの体内を通らす必要があるのか?それが最大の疑問ですよね(笑)実はジャコウネコの腸内にある微生物が作用してコーヒー豆を発酵させることで、独特の香りが生まれると言われています。意外と苦味がなくなり、オレンジのような香り、ナッツのような癖のある香りが人気です。

ただその希少性から高値がつくので、最近ではジャコウネコを無理やり檻に入れてコーヒー豆を食べさせる事例が頻発しています。これを悪と捉えるかどうか…それこそフォアグラのように無理やり太らせるのが高級食材として普及している前例があるので、一括りに駄目だとは言えませんね。

日本では飲む機会が少ないかもしれませんが、普通のコーヒー豆に飽きあたら一度試してみてはいかがでしょうか。